生命保険会社の皆さま その質問、誰が答えてくれますか? チャットボット運用サービスを活用し高度で柔軟性のある問い合わせ対応を!

生命保険会社が抱える悩みのひとつに、営業職からの問い合わせにいかにスムーズな対応を行うかという問題があります。最近では、これを解決するためにチャットボットを採用している企業が少なくありませんが、せっかく多額のコストを投じて導入したにも関わらず、十分な効果が得られていないケースも多いようです。

チャットボットは質問に答えてくれない?

運用をどう改善していけばよいのかわからない…、チャットボットによる回答の精度が低い…、コールセンターへの入電の数が以前と変わらない…

違います!チャットボットをうまく使えていないケースが大半なんです!

チャットボットを
上手に活用するために必要なこと

チャットボットは、ただ導入するだけではうまく効果を発揮できません。その位置づけや期待する役割を整理した上で、総合的な業務デザインを行う必要があります。

とはいえ、具体的に何をすればよいのか困ってしまうかもしれません。そこでおすすめしたいのが、チャットボット運用サービスの利用です。

チャットボットの運用は
SCSKサービスウェアにお任せください!

「対話型FAQを用いたコンタクトセンター高度化サービス」は、カスタマーサポート業務の実績が豊富なSCSKサービスウェアが、チャットボット導入に伴う業務デザインをトータルに支援するサービス。「導入」「利用」「維持管理」「分析」のサイクルを適切に回していくことで、チャットボットの効果を最大限に引き出すことが可能になります。

対話型FAQを用いたコンタクトセンター高度化サービス

ここが他社とは違う!
SCSKサービスウェアならではの強み

カスタマーサポート業務の豊富な実績、専任スタッフによる回答精度の向上、チャットボット以外のサポートにも対応

対話型FAQを用いた
コンタクトセンター高度化サービスの特徴

「対話型FAQを用いたコンタクトセンター高度化サービス」は、さまざまな特徴を備えており、チャットボットの活用を支援します。

1.FAQ構造化、2.テンプレート知財の活用、3.ログの分析

課題と解決

このように、SCSKサービスウェアのサービスを利用すれば、チャットボットにまつわる課題の多くを解決できます。たとえば、前述のような課題であれば…

課題と解決

対話型FAQを用いたコンタクトセンター高度化サービスはお役に立てそうでしょうか? はい

提供サービスおよび関連サービス

SCSKサービスウェアでは、チャットボットの運用を支援するための有人チャットやコールセンターもパッケージで提供。複数チャネルのログを活用することで、そのログデータからより適切なコンテンツの作成が可能になります。

提供サービスおよび関連サービス

サービスについての問い合わせ先はこちら
まずはお気軽にお問い合わせください。経験豊富なコンサルタントがお答えします。
Webからお問い合わせ
メールでのお問い合わせ
お電話でのお問い合わせ 03-6890-2502
サービスに関するご相談は… 電話 03-6890-2502 9:00~18:00(土日祝日を除く) お問い合わせフォーム


ページトップへ