RPA適用業務評価サービス

RPAの成否の鍵は業務選定にあるとご存知ですか?

人手不足の時代における業務効率化の切り札と言われて久しいRPAですが、現在では企業の働き方改革や業務改善の手法として「活用して当然」になりつつあります。しかし同時に、導入しても効果が出ない、かえって専門知識を持ったスタッフが必要になったなど、成功とは言えない事例も散見されるようになりました。その原因を探ってみると、実は対象業務の選定を誤っているケースが多いのです。ポイントは単純に目先の業務をロボット化するのではなく、全体でバランスを取りながらRPA化すべき業務や工程を切り出すこと。ある程度長期的な視野に立ってRPAを推進するためには、業務のプロの知見から得られる選定基準や将来を見据えたプランニングが必要なのです。

RPA化する対象業務の選定で
こうした課題をお持ちではありませんか

どの業務をRPAの対象に
したらよいかわからない

1
専門家視点で業務を整理し
客観的に判定
  • 弊社独自の評価項目をもとに、RPAの「適合性」「効果」「トライアル可否」を明確にします。その内容を受けてBPOの専門家が客観的に評価します。

どこからRPAを適用したら
よいか決められない

2
業務プロセスを可視化し
優先順位を決定
  • 現行業務プロセスを可視化し、RPA導入に向けて検討すべき課題を明らかにします。その課題から優先順位をつけて取り組むことができます。

なんとなく対象業務を決めた後で
苦労・失敗してしまった

3
現場視点で
運用も視野に入れた評価
  • 「現場視点」をもとに運用も考慮して、業務プロセスのRPA適用を評価します。そのため導入時には予期しにくいトラブルも未然に防止できます。
  

BPOの専門家として積み上げた実績・ノウハウを活用して
失敗しないRPA導入の業務選定のご支援をします

サービス概要

RPA適用業務評価サービスは、BPOの専門家が独自の評価項目をもとにRPA化対象業務を客観的に評価し、企業のRPA活用とその後の運用も見据えたご提案をします。ニーズに合わせた2プランをご用意し、お客様のRPA化対象業務選定を支援します。

Light版お客様リソースも活用しながら手軽にはじめるなら

● こんなお客様に
まだあまり予算を確保できていない
まずは自分達でやってみたい
ただ心配なので専門家の意見がほしい
● アウトプット
簡易評価レポート
・RPA適用の簡易評価結果
簡易評価レポートイメージ

Standard版専門家視点でRPA化時の業務プロセス課題を把握するなら

● こんなお客様に
本格的導入を見据えて業務整理を行いたい
業務選定は専門家のノウハウを活用したい
RPA化に併せて、業務改善も視野に入れたい
● アウトプット
RPA適用業務評価報告書
・業務フローチャート
・RPA適用評価結果
・RPA化後の簡易効果試算
・業務プロセスの課題
RPA適用業務評価報告書イメージ

プランごとのサービス提供プロセス

事前準備/調査/分析/報告 Light版とStandard版ごとのサービス提供プロセスイメージ図

無料版評価用シートのご案内

評価シートイメージ

本サービスを検討するお客様へ、RPA化対象業務の選定に役立つ2タイプのシートを無料で提供します。

簡易抽出シート
RPA化に向く業務・工程の候補を簡易的に抽出します
適用評価シート
簡易抽出シートなどで抽出した検討対象業務・工程について、RPAを適用できる可能性があるかチェックします
無料版評価シートのお申込みはこちら
  • ・本シートは本サービス提供時に利用するシートを簡易化して提供するものであり、品質を保証するものではありません。
  • ・お申し込み時にご記入いただきましたお客様の情報は、弊社の事業活動の範囲で、各種ご案内を送付する目的に利用させていただくことがあります。
  • ・同業他社およびRPA導入を支援する同様のサービスを提供する企業の申し込みはお断りさせていただくことがあります。
  • ・本シートの著作権はSCSKサービスウェア株式会社に帰属します。本シートおよびシート内に記載された情報について、営利目的での使用、複製、加工、転載、販売、再配布は一切禁止致します。

利用者の声

利用者の声アイコン

なんとなくですが、適用業務の絞り込みイメージがつきました。今後は自分の業務にRPA化できそうなものがないか、探してみたいです。

会社の指示でRPA推進を任命されましたが、現場からRPA化したい業務がなかなか出てこなくて、途方にくれていました。このシートを現場に配布した所、対象業務がどんどん上がってくるようになりました。

利用者の声アイコン
利用者の声アイコン

ロボット作成担当として、RPAの導入を希望する部門からの依頼を、手当たり次第に受けていましたが、業務内容を聞きにいくと、RPAにあまり向かないケースばかりでした。無理にいれようと失敗したこともありました。今後はこのシートを使ってRPA検討部門の業務調査を行いたいと思います。

関連サービス

業務プロセスコンサルティングサービス B-RAP

B-RAPは、「現場」視点の業務プロセスの調査・分析・設計(Research, Analysis, Planning)サービスです。アウトソーシングの実績と経験にもとづき、実現性の高い改善案を提示します。

演習で学ぶRPA(UiPath)トレーニング

UiPathをRPAツールとして導入される企業様へ「UiPath Studio」を使った豊富なコースをご用意しております。


コース一覧
・アセスメント編
・入門編
・基礎編
・応用編

トップへ戻る