沿革

1983年3月大阪市北区にアイ・エヌ・エス株式会社(資本金1億円)を設立
1994年10月ヘルプデスクサービス(常駐型)を開始
1995年8月東京都新宿区にテクニカルサポートセンター(現 新宿センター)を開設
1996年11月株式会社日本クオリティスタッフを買収
1996年12月本社を東京都新宿区西新宿へ移転、これまでの本社を関西支店に変更
1997年1月システムズ・オペレーション株式会社を吸収合併、同時に商号を株式会社サービスウェア・コーポレーションに変更
1997年6月関西テクニカルサポートセンター(現 大阪センター)を開設
1998年2月100%子会社の株式会社日本クオリティスタッフを吸収合併
2001年5月福岡県田川郡香春町に100%子会社の株式会社サービスウェア九州を設立(現 北九州センター)
2004年7月本社をCSK青山オフィスに移転
2004年9月南大沢にBPOセンター(現 多摩センター)を開設
2008年1月福岡BPOセンター(現 福岡センター)を開設
2008年8月横浜BPOセンター(現 横浜センター)を開設
2009年7月株式会社サービスウェア・コーポレーション、株式会社CSKマーケティング、株式会社CSKコミュニケーションズおよびCSKコミュニケーションズの子会社を加えた8社を対象としたBPOグループ会社を合併し、株式会社CSKサービスウェアを設立
2010年4月CSKグループのビジネスエクステンション株式会社を吸収合併
2010年3月沖縄スクエアビルにBPOセンター(現 沖縄センター スクエアビル)を開設
2015年5月 本社を東京都江東区豊洲へ移転
2015年10月商号をSCSKサービスウェア株式会社へ変更
2017年5月札幌大通センター(現 札幌センター)を開設
2018年11月多摩第二センターを開設
2020年6月新宿第二センターを開設
2020年10月福岡第二センターを開設
2021年6月札幌第二センターを開設
2021年10月沖縄センターをSCSKグループ沖縄センター内に移転し、拡大
2021年11月多摩第三センターを開設

2021年11月 更新