「AI-OCR」×「RPA」×「DB」による業務改善&データ利活用セミナー

レポート

日時

2019年07月24日(水)13:30~16:00(受付13:00)

会場

SCSKサービスウェア 本社オフィス (豊洲フォレシア12F)

【アフターレポート】「AI-OCR」×「RPA」×「DB」による業務改善&データ利活用セミナー

SCSK主催、AI insideと当社の共催による本セミナーを7/24に開催しました。
当日は暑い中、100名もの方にご参加いただき、大盛況でした。誠にありがとうございました。

セミナーのテーマは、「業務改善とデータの利活用」。3社が持つサービスとツールの連携および実務に即した活用の知見を、ひとつのセミナーで聞くことができる貴重な機会となりました。

参加者に具体的なイメージを持っていただくため、紙帳票をAI-OCRソリューション「DX Suite」でデジタル化し、実務に即したデモを実演。さらにそのデータを「CELF」と連携させDBに蓄積し、加工・集計する利活用手法を解説。基幹システムへデータ転記するまでシームレス化により、業務効率化とデータ利活用手法を確立し、業務価値をより高められる可能性を示しました。

当アフターレポートでは、セッションの概要とともに参加者の声をお届けします。

セミナーの様子

AI-OCR「DX Suite」で実現する働き方改革

AI inside 株式会社
事業開発本部 アライアンス推進部
藤崎 泰幹

スピーカーのAI inside株式会社 藤崎氏
スピーカーのAI inside株式会社 藤崎氏


参加者が手書きした用紙をDX Suiteで読み込むデモを実演
参加者が手書きした用紙をDX Suiteで読み込むデモを実演

AI活用をメインビジネスとしているAI inside 社の強みは、文字認識と一般物体認識の精度の高さ。利用企業が400社もあるという同社のAI-OCR「DX Suite」は、国内市場シェアの6割以上を占めます。

前半は、そんな「DX Suite」の3つの強みを、スライドとデモ実演を交えてわかりやすく解説。特にOCRとして重要な文字認識の精度について、住所欄での改行を含む文字の認識や、欄外へはみ出した文字の補完、訂正部分(訂正印、黒丸など)の読み飛ばしが可能との説明があり、実務における活用イメージが湧いた方も多かったようです。

後半は、働き方改革の一環として「DX Suite」の導入により業務改革された事例を紹介。事例の2社では、それぞれデータ入力の時間短縮と、人による入力作業自体の割愛により、従来比で約75%の業務削減につながったそうです。実際に高い業務改善効率を上げていることに、多くの参加者がうなずかれていました。

『AI-OCR×RPA』+『データ利活用』

SCSK株式会社
流通・メディア第四事業本部 デジタルサービス部
岡田 一志

スピーカーのSCSK株式会社  岡田氏
スピーカーのSCSK株式会社 岡田氏


参加者が耳を傾けるセッションの様子
参加者が耳を傾けるセッションの様子

SIerのSCSK社は、積極的に「働き方改革」に取り組んできた企業。

前半は、人口減少や人材不足による影響が懸念される中、その解決策として、「RPA」を活用してはどうか?という提案でした。ロボット対応できる「定型的作業」を人がするのは「非効率」であり、データの利活用によって「ビジネスの創出/収益貢献」といった価値を出すという話に、メモをとられる方も。

後半は、データの利活用に専門知識や複雑な分析は不要で、自分で分析できるという内容。実は企業内に溢れるExcelを業務作成アプリ「CELF」で繋げることによって、利活用の幅が広がるとのこと。「CELF」の特徴・機能と合わせて、RPAオプションの活用メリットを示しました。組織的にソリューション対応することで、価値創造する業務に人材を投入できるというまとめに、興味深い面持ちの参加者の姿が印象的でした。

ツール導入効果を高めるための業務改善ポイント

SCSKサービスウェア株式会社
マーケティングサービス部 BPRコンサルティング課
岩佐 真樹

スピーカーのSCSKサービスウェア株式会社  岩佐氏
スピーカーのSCSKサービスウェア株式会社 岩佐氏


わかりやすいと好評のセッションのまとめ
わかりやすいと好評のセッションのまとめ

業務を効率化・自動化するRPAやAI-OCRなどのツールを選択・導入するためには、各業務でうまくいっていない課題に着目し、改善点を見極める必要があります。

当社はBPO事業会社であり、カスタマーとクライアントをつなぐ「業務」全般を担ってきました。その経験と実績から、独自のノウハウによる業務の調査・分析と、それに伴う改善提案サービスを提供しています。

本セッションでは、当社のノウハウとナレッジから、ツールの導入効果を最大限に高めるためのポイントを説明。実際に導入する際に役立つ、業務や帳票の再設計ポイントや、必須要件を見極めるための業務可視化のポイント、そしてツールの導入効果を維持向上させるためのポイントや、業務のフローチャートの作成について解説。具体的なポイントを挙げた講演は、AI-OCRなどによる業務効率化に興味のある多くの方の耳目を集める内容で、大変ご好評を得ました。

サービスに関するご相談は… 電話 03-6890-2540 9:00~18:00(土日祝日を除く) お問い合わせフォーム


ページトップへ