SECURITY SCSKサービスウェアの情報セキュリティ施策

当社は、企業やお客様の機密情報・個人情報を扱うため、セキュリティに最大限配慮した施設を完備しています。
本特集では、全国11都道府県、14のBPOセンター設備をご紹介します。

入退室管理

ICカードによる入退室管理

ICカードによる入退室管理

社員は、ICカードを使用して業務エリアの入退室を行い、そのすべての入退室ログが記録されています。
入退室の権限は、担当業務エリアに限定され、アンチパスバック機能により、入室記録がなければ退室できない仕組みになっています。

セキュリティゲート

セキュリティゲート

機密性の高い情報を扱う業務エリアでは、セキュリティゲートを設置し共連れを自動的に防止することで、より厳格な入退室管理を実施しています。

ICカード+暗証番号入力(生体認証)

ICカード+暗証番号入力(生体認証)

特殊な制限が必要な業務エリアには、ICカード認証に加えて暗証番号入力システム(または生体認証システム)を導入し、さらにセキュリティレベルを高めています。

防犯対策

監視カメラ

監視カメラ

不正な行動を抑止し、侵入者や不審者の監視・記録をするため、監視カメラを設置しています。

監視モニター

監視モニター

監視カメラの映像はリアルタイムで確認できる仕組みを整備しています。すべての映像は録画保存されています。

情報漏えい防止

電子キャビネット

電子キャビネット

業務で利用する文書・機材は、電子キャビネットに収納しています。一部の担当者のみが開閉できる権限を持ち、入退室管理システムと連動して、入室記録がない場合は開閉できない仕組みになっています。キャビネットの開閉ログはすべて記録されています。

USBポート封鎖

USBポート封鎖

USB接続機器の利用は禁止しています。未使用のUSBポートを物理的に封鎖し、機器が接続できないようにしています。
(専用ソフトウェアを導入することで、技術的にも接続を制御しています。)

ワイヤーロック ワイヤーロック

ワイヤーロック

盗難や持ち出しを防止するため、ノートパソコンのみならず、デスクトップパソコンを含むすべての端末にワイヤーロックを取り付けています。

その他設備・ルール

ロッカー

ロッカー

業務エリアへの私物の持ち込みは禁止されています。業務中はすべての私物を専用ロッカーに収納しています。

クリアデスク

クリアデスク

デスクは、パソコンなど業務に利用する機器以外は「何もない」状態にしています。日々の業務終了時にはクリアデスクチェックを実施し、徹底しています。

電子メモ

電子メモ

メモ用紙やペンの持ち込み・利用は原則禁止し、電子メモを利用しています。
ボタン一つで書いた内容が消去でき、業務エリア内での利用に限定することで、紙媒体による不正な情報持ち出しを防止しています。

サービスに関するご相談は… 電話 03-6890-2540 9:00~18:00(土日祝日を除く) お問い合わせフォーム

ページトップへ